浦和レッズの歴史を知ろう!!

浦和レッズの前身は1951年に創部された三菱重工神戸サッカ−クラブというサッカークラブでした。

この三菱重工神戸サッカ−クラブが東京に移転して名義が変わり、『三菱重工業サッカ−クラブ』へ、さらに『三菱自動車サッカークラブ』『三菱浦和サッカークラブ』と名前をかえ、Jリーグが開幕します。

現在の正式名称である浦和レッドダイヤモンズになったのはJリーグ開幕から3年後の1996年からです。

ちなみに…Jリーグ開幕後の成績は以下の通り。

1st 2nd

総合順位

 
1993年 10位 10位 10位  
1994年 12位 11位 12位  
1995年 3位 8位 4位  
1996年 6位(1シーズン制)  
1997年 9位 7位 10位  
1998年 7位 3位 6位  
1999年 13位 14位 15位
←J2降格
2000年 2位 ←J1昇格
2001年 7位 12位 10位  
2002年 11位 8位 11位  
2003年 6位 6位 6位  
2004年 3位 優勝 2位  
2005年 2位(1シーズン制)  

開幕年の93年、翌年の94年は成績が振るわず、『お荷物チーム』とのレッテルを貼られていました。

95年には一度大躍進を果たしますが、再び迷走していき、遂に99年にはJ2へと降格してしまいます。しかしそんな憂き目にも耐え忍び、2003年には初タイトル、2004年には念願の優勝も勝ち取ったのです!!

このような歴史を持つ浦和レッズはこれからもサポーターやファンの期待にこたえ、躍進していってくれることでしょう。

ご意見・ご感想こちらまで